いいとこどりニュースイベント観光施設地図交通ライブカメラフォトバンク南房総辞典知恵袋ショッピング掲示板
トップ > 目的で探す > 見る > 神社・寺 > 鋸山の大仏

鋸山の大仏

エリア > 鋸南  

高さ約31メートル。鋸山の中腹にある日本最大の大仏です。
住所:
千葉県安房郡鋸南町元名184 地図  
電話:
日本寺 0470-55-1103  
 元々の大仏は、1783年(天明3年)に大野甚五郎英令が門弟27名とともに岩を彫刻して建立した。建立当時の高さは9丈2尺(約37.7m)。
岩を彫刻した大仏であったこともあって長年の雨風により侵食、江戸時代末期には著しい破損が発生して崩壊状態になっていたが、1966年(昭和41年)から仏師・八柳恭次を中心に修復が行なわれ、1969年(昭和44年)に完成。
 この時、以前の崩壊箇所等がある関係から、像高は原型より約7m低い31.0mとなった。
地図
Googleマップで見る
南房総マップで見る 地図
ルート案内や、周辺スポット探しもこちらから

※地図が表示されない場合は IE でご覧いただくことをお勧めします。
詳細案内
マイプランに追加