いいとこどりニュースイベント観光施設地図交通ライブカメラフォトバンク南房総辞典知恵袋ショッピング掲示板
トップ > 目的で探す > 団体 > 富浦エコミューゼ研究会 >

富浦エコミューゼ研究会

エリア > 富浦

ニュース・お知らせ
クリックで写真拡大
小川さんの軽快なお話に参加者も聞き入ります

315ウォッチング枇杷の花咲く旧街道・獅子口の道を歩く

2018年11月13日
11月のウォッチングは、枇杷の花が咲き始めた富浦・南無谷地区に残る旧街道「獅子口の道」を歩き、富山・小浦へ抜けました。
この日は南無谷地区の篤農家・小川さんのご協力をいただき、枇杷の栽培についてお話を伺いました。枇杷栽培は自然との闘い。気候が定まらなくなってきた近年では特に台風の影響、寒さ対策、イノシシやサルといった有害獣の対策などなど。枇杷は1年のうち5回ほど木の上で作業しなければならない重労働。
今はちょうど「花もぎ」の作業が始まる頃。今年の花付きは夏の暑さが多くの蕾をつけてくれたそうです。茶色の蕾から白い可憐な花がほころび始めています。小川さんが木に登り花もぎ作業を実演してくれました。身軽さと作業の手の速さに驚かされます。
小川さんは、「作業は大変だけど、農家にとっては楽しみでもあるんです。」と笑顔で話してくれました。
小川さんの枇杷畑をあとにし、さらに枇杷山を奥に向かいます。つづら折りを登ると富浦湾を望む景色が現れます。海の先には大房岬の姿があります。参加者の疲れも一気に癒されます。この道が獅子口と言われた道で、明治の頃まで岩井地区につながる街道として使われてきたことを、明治10年に作成された測量図で確認しました。
最後は山道を下り、小浦地区の国道へ降りてきました。登り下りの大変なコースでしたが、参加者の皆さんの顔は満足そうな笑みがこぼれていました。

次回のウォッチングは、12月8日(土)。
8時50分までに、とみうら元気倶楽部にお集まりください。
豊岡地区の尻無坂の絶景と横穴墓を訪ねウォーキングします。