いいとこどりニュースイベント観光施設地図交通ライブカメラフォトバンク南房総辞典知恵袋ショッピング掲示板
トップ > 目的で探す > 団体 > 富浦エコミューゼ研究会 >

富浦エコミューゼ研究会

エリア > 富浦

ニュース・お知らせ
クリックで写真拡大
大宮八幡宮からの眺め。豊岡の港から法華崎。

313ウォッチング岡本城跡周辺・海禅寺と鶴姫観音

2018年9月24日
9月のウォッチングは岡本城跡周辺の寺社などを巡り、里見氏ゆかりのお話などを聞きながら、富浦の豊岡、原岡地区を散策しました
豊岡地区のスタートは汐入川の入口。江戸末期から大正時代に栄えた醤油工場「多寿花(だしのはな)」の跡地。富浦にも醤油工場があったのです。
すぐそばに観音山があり、里見義頼が北条氏から迎えた正室・鶴姫が持参した観音様が最初に祀られた場所です。やがて鶴姫が亡くなり、里見氏の時代が終わると、観音様が「相模に帰りたい」と海を荒らし始めてしまい、村人たちは恐れをなして海の見えない海禅寺に観音様を移し、心を鎮めさせました。
海禅寺は臨済宗のお寺で、現在の檀家さんは48軒だそうです。今回もお寺の役員さんのお取り計らいで本堂を開けていただき、修復された十一面観音像を拝見させていただくことができました。このお寺には里見家の家臣・岡本元悦の位牌が残されています。元悦は義弘、義頼に仕えました。
海禅寺の手前には満蔵寺には、里見氏ゆかりのお墓がたくさんあり、それらを集めて合祀した供養塔が建立されています。
細く曲がった小路を戻り、里見氏から五石の社領を与えられた大宮八幡宮に立ち寄りました。この神社の屋台は、「鯛を担ぐ恵比寿様、枇杷に囲まれる大黒様」といった、とても珍しい彫り物がされている屋台です。また、社の奥に進むと富浦湾に臨む絶景ポイントが待っていました。
その後、愛宕神社や長泉寺を巡り、里見氏のゆかりの散策を終えました。


次回のウォッチングは、10月13日(土)。
8時50分までに、とみうら元気倶楽部にお集まりください。
富浦・大津の里山をウォーキングします。