いいとこどりニュースイベント観光施設地図交通ライブカメラフォトバンク南房総辞典知恵袋ショッピング掲示板
トップ > 目的で探す > 団体 > 富浦エコミューゼ研究会 >

富浦エコミューゼ研究会

エリア > 富浦

ニュース・お知らせ
クリックで写真拡大
大房の聖地、南けい船場

301ウォッチング聖地・大房岬を巡る

2017年9月26日
9月のウォッチングは、この活動のホームベースとも言える大房岬を訪れました。
秋の青空が広がり、乾いた空気がとても爽やかに感じます。
大房岬には聖地と呼ばれる場所が2か所あり、この日はこのパワースポットを参加者と散策し、大房を改めて感じることにしました。
聖地の一つは、南けい船場。ここから眺める風景は180度大パノラマ。北側からムッソー、で条件が良ければ富士山、大島、洲の崎、西崎、北条、船形、雀島、オオトリハマ。静かに大海原を眺めているだけで、気持ちも穏やかになれる素晴らしい場所です。
もう一つは、現在の第二キャンプ場。ここは西暦850年頃、慈覚大師が建立した竜善院の跡地です。すぐそばに不動滝が流れる場所で、慈覚大師が本尊となる不動明王の像を刻んだと言われています。大房のパワースポット、ぜひ体感してみてください。
この日のウォッチングは参加型。参加者の皆さんに紙芝居を語ってもらいました。不動滝の前では、青い衣をまとった童女のお話「金の竜」。第二展望台の弁財天の洞くつ入口では「洞くつを探検した男」を、それぞれ語り部となり、参加者皆さんに大房の物語を伝えてもらいました。
前回300回を迎えたウォッチング。ささやかなお礼として、第二キャンプ場でぼたん鍋をみんなで食し、大房の癒しを感じました。