グローバルメニュー

南房総の魅力

  1. トップ >
  2. ニュース一覧 >
  3. いいとこどりニュース一覧 >
いいとこどりニュース RSS  提供RSS一覧
2018年10月10日
 高家神社 秋の例大祭で「庖丁式」が奉納されます。
高家神社の拝殿
高家神社の拝殿
昨年の庖丁式の様子
昨年の庖丁式の様子

平成30年10月17日(水)に料理の神様を祀る高家神社秋の例祭にて、四條眞流茨城県支部による庖丁式が奉納されます。
今回の式題は『飛龍の鱸(ひりゅうのすずき)』。
刀主は、大橋憲靖氏。庖丁式は、「表白文奏上」「俎板開きの儀」「俎板清めの儀」「刀三方の儀」
「真奈三方の儀」とそれぞれ別々の師範が努め進められます。
食材への感謝の気持ちを表わし料理人の技術が凝縮された、美しい一挙手一投足をご覧にお越し下さい。

●高家神社秋季例祭
◎ 祭 典:高家神社拝殿(午前10時〜)
◎ 庖丁式:四條眞流 茨城県支部(午前11時20分頃〜)
  刀 主:大橋 憲靖氏
  式 題:『飛龍の鱸(ひりゅうのすずき)』
◎ 各種売店(午前10時頃〜)
 ・特産品の販売
 ・古代米の大福、切餅の販売など
◎ 高家ふるさと産品推奨品の販売(午前10時頃〜)
◎ 包丁研ぎ・ 包丁販売(午前10時頃〜)
 ・包丁研ぎ ¥600〜
・包丁販売 ¥2,500〜
◎ サンマの塩焼き無料配布(先着100名) 午前10時30分〜
 ※庖丁式の間は中断します


 

 【投稿者 観光プロモーション課】
いいとこどりニュース RSS  提供RSS一覧
前後の記事 > 一覧

グローバルメニュー

南房総の魅力