グローバルメニュー

南房総の魅力

  1. トップ >
  2. ニュース一覧 >
  3. 鴨川シーワールドからのお知らせ一覧 >
鴨川シーワールドからのお知らせ RSS  提供RSS一覧
2006年12月4日
 保護されたキタオットセイがシーワールドへ
春先には鴨川沖から放流予定
春先には鴨川沖から放流予定

 本年9月9日、埼玉県川越市新河岸川で発見され、翌10日に東京都恩賜上野動物園で保護されていたキタオットセイ1頭を、12月4日(月)に鴨川シーワールドへ輸送しました。

 鴨川シーワールドでは、アザラシ類の保護や育児を目的とした展示施設「アザラシ授乳室」に収容し、放流に向けた馴致を行います。
 このキタオットセイは、房総沖に群れが南下してくる春先(2月下旬〜3月下旬)、鴨川沖から太平洋へ放流する予定です。


保護されたキタオットセイについて
  保護場所:埼玉県川越市新河岸川
  発見日:平成18年9月9日
  保護日:平成18年9月10日
  保護施設:東京都恩賜上野動物園
  保護個体:推定年齢 2〜3歳, 性別 オス, 
       体長 約125cm
       体重 23kg(12月4日現在 42kg)
  輸送日:12月4日(月) 上野出発:10:15  鴨川到着:12:10

●キタオットセイについて
 夏にかけて北太平洋の島々で繁殖期を過ごし、繁殖期以外は洋上で生活している。
 日本の太平洋側では常磐沖や銚子沖まで南下し、これらの個体が冬から春先にかけて南房総の沿岸で確認されることがある。保護動物で、捕獲は禁止されている。

●その他
 鴨川シーワールドではこれまでに6頭のキタオットセイを保護し、その内の3頭を無事放流している。
 1993年4月8日  勝浦市鵜原海岸〜保護収容  1993年5月21日放流
 1996年2月22日 館山市相浜 相浜港〜保護収容  1996年3月26日放流
 1996年3月13日 白井市(旧印旛郡白井町)〜保護収容 1996年4月17日放流



 関連ホームページ > 関連ページ
 

 【投稿者 鴨川シーワールド】
鴨川シーワールドからのお知らせ RSS  提供RSS一覧
関連ニュースカテゴリ
前後の記事 > 一覧

グローバルメニュー

南房総の魅力