南房総グローバルメニュー

南房総の魅力

  1. トップ >
  2. ニュース一覧 >
  3. 南房総観光情報一覧 >
南房総観光情報 RSS  提供RSS一覧
2013年6月5日
 (公財)東日本鉄道文化財団による認証式が行われました。
青木副理事長から實方会長へ手渡されました。
青木副理事長から實方会長へ手渡されました。

高家神社の拝殿屋根葺き替え事業が、(公財)東日本鉄道文化財団(渋谷区代々木2-2-2、清野智理事長)が行う平成25年度地方文化事業支援に認定され、本日、助成事業通知書の贈呈式が高家神社にて行われました。
日本唯一の料理の神様を祀る高家神社は、南房総市の中でも貴重な財産として「食」に携わる人々の崇敬を集めて今日に至っています。また、日本書記にも記された料理の祖神を祀る神社として、宮中行事の一つだった「庖丁儀式」が今日も続いています。
今回は、数年来損耗が著しく見られる拝殿の屋根を葺き替える工事が当事業の支援に認定されました。
今後、夏から秋にかけて屋根の葺き替え工事を行い、晩秋には装いを新たにした拝殿を観ることができる予定です。


※(公財)東日本鉄道文化財団が行う地方文化事業支援は、JR東日本管内各地において、日本の古来より伝わり将来へと残すべき有形無形の貴重な伝統文化、地域住民が主体となり地元を盛り上げる祭事や地域に根差した伝統芸能などを継承し、地域の発展・文化振興を図ることを目的として、各支社が選出した候補に対して資金援助をするというもの。平成5年度から始まり、24年度までで105件の事業が認定されている。千葉県内においては、香取市「佐原の山車保存整備支援事業」、いすみ市「行元寺支援事業」、いすみ市「飯縄寺文化財保存整備事業」が行われ、今年度は富津市「鋸山、房州石の歴史的遺構修復事業」と合わせて、南房総市では初めて実施いたします。



 関連ホームページ > 高家神社(いいとこどりHP内)
 

 【投稿者 観光プロモーション課】
南房総観光情報 RSS  提供RSS一覧
前後の記事 > 一覧

南房総グローバルメニュー

南房総の魅力