本文へジャンプ
トップ > ローズマリー公園ニュース >

七宝焼きのお店

2014年2月1日
鮮やかな藍色の中に浮かぶ月
鮮やかな藍色の中に浮かぶ月
 この時期、恒例にもなりました京都府宇治市在中の七宝焼き作家、津田保さんによる七宝焼きのお店が、ジョアンハーツの部屋で3月2日までオープンします。
 風景や動物・植物をモチーフにした作品のほか、今年は月の作品も加わりました。
 七宝焼きは、金属の下地に釉薬を焼きつけ、800度の高温炉で何度か焼きを繰り返して作る伝統工芸です。
 本来は、つぼなどに華やかな装飾をこらす芸術品ですが、津田さんは、住宅事情にマッチした額絵タイプのものを手がけています。
 作品のタッチは、日本画や油絵・洋画風とさまざまです。
 七宝焼きの魅力にリピーターも増えています。
 はんなり京都弁をお話される津田さんに会いに来てください。

2月14日(金)お休みです。

新着記事10件

ワークショップのご案内
2020年7月3日

営業時間のお知らせ
2020年5月27日

臨時休業について
2020年4月24日

道の駅ローズマリー公園営業時間変更のお知らせ
2020年4月11日

体験教室中止のお知らせ
2020年4月5日

御礼とご報告 【道の駅利用者様 関係者様】
2020年3月25日

営業時間の変更延長のお知らせ
2020年3月13日

営業時間の変更のお知らせ
2020年3月5日

フリーマーケット中止のお知らせ
2020年2月29日

sincoo管コンサート中止のお知らせ
2020年2月28日
powerd by 南房総いいとこどり
▲ページTopへ