本文へジャンプ
トップ > 枇杷倶楽部ニュース >

千葉県の社会資本整備のあゆみ パネル展

2018年9月8日
写真
写真
道の駅とみうら 枇杷倶楽部のアトリウムで、
千葉県による【社会資本整備のあゆみ】パネル展を開催中です

タイトルはとても硬いのですが、
明治以降の千葉県の道路・河川・東京湾などが、整備により変わってきた様子を見て頂けます。
休憩の時に、ぜひご覧下さい。

2018年9月13日まで
下記の千葉県HP からも、詳細を見て頂けます。
県では、
本年は、明治元年から起算して満150年の節目に当たることから、千葉県では、明治以降における本県の道路、河川、港湾、下水道などの社会資本整備のあゆみを次世代に遺すことを目的に事例集として取りまとめ、
明治期に作られ、今も現存する施設や、姿や形を変えつつも明治期の様子を今に伝える社会資本施設が身近にもあること、また社会資本整備のあゆみをより広く知っていただくため、パネル展を県内各地で実施します。
と、呼びかけています。


https://www.pref.chiba.lg.jp/kendosei/meiji150/ayumi-panel.html

新着記事10件

【3/24】桜の開花状況【枇杷倶楽部】
2019年3月24日

寒い日のおすすめスポット
2019年3月23日

枇杷倶楽部カフェこだわりのコーヒー
2019年3月22日

【2019/03/21】今日の枇杷倶楽部【春分の日】
2019年3月21日

3月のワークショップ 開催案内
2019年3月1日

道の駅で刑務所作業製品展
2019年2月18日

2月のワークショップ 開催案内
2019年2月8日

菜の花の開花状況
2019年2月5日

1月ワークショップ開催のお知らせ
2018年12月29日

お正月は三が日【紙芝居】〜枇杷倶楽部
2018年12月28日
powerd by 南房総いいとこどり
▲ページTopへ