本文へジャンプ
トップ > 枇杷倶楽部ニュース >

GW・3〜5日は枇杷倶楽部で紙芝居上演〜

2017年4月30日
クリックで写真拡大
道の駅とみうら・枇杷倶楽部では、ゴールデンウィークの3日から5日まで紙芝居の上演を行います。
昔から地元に伝わる民話や不思議なお話し、里見氏の歴史物語など、NPO法人富浦エコミューゼ研究会のメンバーが手作りの紙芝居を上演します。
今回は、新作「南総里見八犬伝 安房の巻」の初披露を行います。物語は里見八犬伝の発端を語ります。里見義実により斬首された玉梓(たまずさ)の怨念により、霊犬・八房の気を受けて子を宿した伏姫。身の潔白を証すため伏姫は割腹し、その傷口から八つの大玉が飛び散り、八犬士の物語の始まりとなります。
この他、和田・花園地区に残る子の姫(ねのひめ)の民話や白浜・青木地区にある芋井戸にまつわる民話、今年のお正月に発表した千倉・七浦地区、旧丸山町丸地区に伝わるお話、定番となっている富山、三芳、富浦などの紙芝居も演じられますのでお楽しみに。
上演時間は午前10時から午後3時まで。会場は枇杷倶楽部多目的ホールです。
拍子木のカチカチという音が開演の合図です。
どうぞ皆さん、お気軽にお立ち寄り下さい。

平成29年5月3日(水)〜5日(金)午前10時〜午後3時
お問合せは、道の駅とみうら・枇杷倶楽部  電話0470-33-4611

新着記事10件

苺庭園内観 今年は戌年
2018年1月20日

枇杷倶楽部『新春コンサート』1月21日
2018年1月20日

枇杷倶楽部 いちごハウス情報
2018年1月17日

1月16日急速充電器 一時中止のお知らせ
2018年1月8日

1月ワークショップ開始のお知らせ
2017年12月25日

すいせんの花が満開【道の駅とみうら枇杷倶楽部】見頃です!
2017年12月25日

クリスマス人形劇のプレゼント
2017年12月22日

『植物観察図鑑』の原画展 開催中
2017年12月9日

12月ワークショップ開始のお知らせ
2017年11月29日

道の駅とみうら枇杷倶楽部 24周年祭を開催
2017年11月17日
powerd by 南房総いいとこどり
▲ページTopへ