枇杷倶楽部周辺 途中下車のお楽しみ

町営バスで富浦めぐり
道の駅とみうら・枇杷倶楽部
枇杷の名産地・富浦にある情報発信基地。花に囲まれたカフェや枇杷グッズ満載のショップがあります。2000年の「全国道の駅グランプリ」では最優秀賞を受賞。すぐ近くの農園では、9種類のいちごが味わえるいちご狩り、花摘み、菜花摘みも堪能できます。また、アトリウムを抜けた河川敷では、色とりどりの季節の花々が出迎え、散策が楽しめます。
 > 詳細はこちら

道の駅おおつの里・花倶楽部
長屋門と大温室が出迎える「おおつの里」は、国内最大級・全天候型花摘み園です。総面積4000坪の敷地内では、ポピーや金魚草、ストレリチアなどの四季折々の花々をゆっくりと鑑賞でき、花摘みが楽しめます。また、サボテンの寄せ植え、びわの葉染め(要予約)などの体験教室も開催しています。
 > 詳細はこちら

大房岬
自然公園の大房岬は、海と山の自然の魅力をたっぷり満喫できます。春は森林浴や磯遊び、夏はキャンプ、秋は味覚狩り、冬はバードウォッチングや富士山の絶景を楽しむことができます。
さらに大房岬の楽しみ方として、
大房ガイドと巡る散策ツアーがおすすめです。この岬に眠る多くの伝説や昔ばなし、自然、歴史のお話を聞きながらガイドと一緒に散策できます。
お一人様500円(たいぶさガイドブック付き)。60分から120分程度。
 > 詳細はこちら

元気倶楽部
ちょっとバスを待つひとときや足の疲れをとりたい方におすすめ! 足湯につかりながら、会話を弾ませるのもよし、のんびりと過ごされるのもよし、どうぞお気軽にご利用ください。また風呂内では、びわの素材を使った「びわの葉ボディソープ」「びわの葉リンスインシャンプー」をご利用いただいております。
 足湯[無料] 風呂[1日400円]
 利用時間[10:00〜16:30] 休館日[毎週月曜日
 > 詳細はこちら

枇杷倶楽部〜館山(南無谷線)
崖観音(所要時間:3分)※カッコ内は枇杷倶楽部からの所要時間
断崖の途中にはりついたように観音堂が造られていることから通称「崖の観音」と呼ばれています。養老7年( 723年)、東国巡訪中の行基がこの崖面に十一面観音を彫刻安置したのが寺の始まりとされ、観音堂背後に高さ 1.5mの磨崖十一面観音像があり、館山市の有形文化財に指定されています。

船形港前(所要時間:6分)
漁協から直接運ばれたものを中心に、房総の海の幸がところ狭しと並ぶ「ふれあい市場」に行くならここで降りましょう。

那古(所要時間:7分)
「那古寺」は、那古山の中腹に立つ坂東三十三番観音納札所の結願所で、創建は養老元年( 717年)に行基が海中より得た香木で千手観音を刻み、ここに一宇を建てて祀ったのが始めと伝えられています。

八幡神社前(所要時間:14分)
「鶴谷八幡宮」は、717年(養老元年)の創建と伝えられています。品陀和気命(ほんだわけのみこと)ほか三柱が祀られていて、平安時代までは三芳村府中にあり、鎌倉時代現在地に移されたと伝えられています。安房国の総社で、例祭は9月14日、15日で近御10社の神輿が渡御します。

館山駅前(所要時間:17分)

城山公園(所要時間:20分)
南総里見八犬伝の里見氏の居城が置かれていました。公園内には、3層4階天守閣様式のお城は、館山市立博物館の分館になっています。天守からの眺めは、波静かな館山湾と館山市街を見下ろせます。
 > 詳細はこちら
南房総交通情報
乗り継ぎ路線図
路線
乗り継ぎ路線案内

お役立ち場所
観光場所、交通手段を知りたい場合は、バス停目の前の枇杷倶楽部でお気軽にお尋ねください。
枇杷倶楽部
困った時の枇杷倶楽部

お役立ちツール
 南房総路線バスマップ
 周辺スポットを探す
 観光施設情報

首都圏からのアクセス
地図
館山〜
フラワー号(館山〜白浜)
館山と白浜を結ぶバスは、海岸線を通るルートを走る。
館山駅〜白浜間の所要時間62分
【ルート中の主な観光スポット】
・洲の崎灯台
・ファミリーパーク
・南房パラダイス
・いこいの村
・白浜フラワーパーク
野島崎灯台
  南房州本線(館山〜白浜)
野島崎灯台
館山運動公園を通り、白浜へ向かうルートを走る。
館山駅〜白浜間の所要時間36分
【ルート中の主な観光スポット】
・館山運動公園
・白浜フラワーパーク
野島崎灯台
・安房白浜
     
鶴谷八幡宮
丸線(館山〜丸山)
館山と丸山を結ぶバス。地元住民重視型のバス。
【ルート中の主な観光スポット】
鶴谷八幡宮
・石堂寺前
  和田線(館山〜和田)
和田のお花畑へ向かうバス
館山駅〜お花畑間の所要時間39分
【ルート中の主な観光スポット】
・南総文化ホール
・館野農協前(館山いちご狩りセンター)
・和田のお花畑

   
高家神社
平館線(館山〜千倉)
館山と千倉を結ぶバス。地元住民重視型のバス。
【ルート中の主な観光スポット】
・南総文化ホール
・館野農協前(館山いちご狩りセンター)
高家神社