グローバルメニュー

南房総の魅力

  1. トップ >
  2. おすすめコラム一覧 >
  3. サイクリング, about南房総, 体験

サイクリング about南房総 体験 南房総サイクリング

レンタサイクル「南房総くるくる車ららん」

  • 関連画像1
    レンタサイクルで千倉の白間津花畑へ。

「南房総くるくる車(しゃ)ららん」は、南房総地域のレンタサイクル貸出拠点をネットワーク化し、バスやタクシーとくるくる接続することで、マイカーがなくても車(しゃ)ららんと回遊できるようにする。こんなコンセプトで南房総市が主催しているものです。
貸出拠点は、南房総エリアに12ヶ所。利用料金のほかに別途1,000円お支払いただくと別の拠点に乗り捨て利用ができます。

爽快!田園地帯コース

「関東の富士見百景」にも選ばれている北条海岸を皮切りに、海から丘陵地帯を走るコースです。新しく開通したグリーンラインで丘陵地帯から内房を臨み、のどかな田園地帯を走り抜けます。短い距離ですが走り応えのあるコースです。

【走行距離】43.3km
【想定所要時間】約3時間
【最大標高差】168m

bay to ocean房総横断コース

東京湾側から太平洋をつなぐ房総横断コースです。富山、伊予ヶ岳などの景勝地がある丘陵地帯を走り抜け、平久里川沿いと長狭街道の適度なアップダウンは手ごたえがあり、満足感たっぷりのコースです。帰路の東京湾側では、美しい景色が味わえます。

【走行距離】71.3km
【想定所要時間】約4時間45分
【最大標高差】174m

南房総満喫ロングライドコース

100kmを超えるロングライドですが、体力があるうちに丘陵地帯を抜ければ、あとは比較的平坦な海岸沿いを行く走りやすいコースです。観光スポットへの立ち寄りや、新鮮な海産物、人気のスイーツも味わえるコース設定なので、小旅行気分が楽しめます。

【走行距離】104.9km
【想定所要時間】約7時間
【最大標高差】176m
 

安房グリーンラインから千葉県最南端を巡るコース

潮風香る太平洋沿いの海岸線と小高い里山の中を走り抜ける安房グリーンラインが楽しめるコース。立ち寄りスポットも豊富で、スタート地点の道の駅やコース途中にある料理の神様を祀る高家神社、紅葉の名所で「子宝」「安産」を願って多くの女性が訪れる小松寺、そしてメーンのアップダウンが特徴の安房グリーンラインは、緑深い里山の中を走り抜ける。ファミリーには、道の駅潮風王国から千葉県最南端の野島埼灯台を往復する全長約15kmのコースがおすすめ!

【走行距離】24.5km
【想定所要時間】約2時間30分
【最大標高差】149m
 

ゆめ半島千葉国体自転車競技ミニコース

平成22年秋に開催されたゆめ半島千葉国体で使用された自転車競技コースをショートカットした初心者やファミリーでも楽しめるコースです。最後は、道の駅三芳村「鄙の里」で、人気のソフトクリームや地元の食を十分にご堪能ください。

【走行距離】21.7km
【想定所要時間】約1時間
【最大標高差】139m
 

ゆめ半島千葉国体自転車競技コース

平成22年秋に開催されたゆめ半島千葉国体で使用された自転車競技コースです。適度なアップダウンと初心者から中級者まで幅広い方々が楽しめる周回コース。里山や農村風景を眺めながら、起点となる道の駅「三芳村」鄙の里で地元の食を堪能できるのも魅力。

【走行距離】28.7km
【想定所要時間】約2時間
【最大標高差】136m
 

南房総市スポーツ合宿誘致

千葉県南房総市は、首都圏からの交通アクセスが年々良くなり、車で概ね1時間30分程度で来られるようになりました。また、平均気温16℃と年間を通して暖かい気候は、スポーツを楽しむ環境にぴったりです。豊かな自然環境や美味しい海の幸、多彩なスポーツ資源を組み合わせ、ぜひ南房総市でスポーツ合宿・大会等をご企画ください。皆様のお越しを心からお待ちしております。

ステーションライド㏌南房総

  • 関連画像2

南房総の豊かな自然を満喫できるサイクリングコースに、「道の駅」がエイドステーションとなり、地元の食と
秋の南房総の風景を堪能できる魅力的なサイクリングイベントです。
また、イベント当日はサイクルトレインが運行され、自転車を折りたたむことなく、そのまま積み込むことができ、イベント参加に便利なツアーとして販売されます。
2017年が4回目の開催となります。

2017/09/12 観光プロモーション課

「サイクリング」コラム一覧

「about南房総」コラム一覧

「体験」コラム一覧

タグ一覧

グローバルメニュー

南房総の魅力