いいとこどりニュースイベント観光施設地図交通ライブカメラフォトバンク南房総辞典知恵袋ショッピング掲示板
トップ > 目的で探す > 見る > 文化・歴史 > 里見氏の墓

里見氏の墓

エリア > 富山  

3代・里見義通と、悲運の死をとげた5代・里見義豊の墓。
住所:
南房総市犬掛663 地図  
電話:
 
 里見氏の墓は、県道富山・丸山線を三芳方面沿いの市有地にあります。房総里見家の里見義通(3代)・里見義豊(5代)が眠る墓です。
 高さ60p位の室町時代の多層塔で、古くはこの辺りに菩提寺の大霊院があったといわれています。
 里見義通と里見義豊は親子ですが、里見義豊が8才の時に父が死んだため、叔父の里見実尭が4代を継ぎました。義豊が元服しても約束に反して家督を譲らなかったので骨肉の争いがおこり、その舞台となったがこの犬掛地区です。墓は南房総市の史跡に指定されています。
Photoギャラリー クリックすると拡大写真をご覧いただけます。
アクセス
電車
電車でのアクセス
東京駅
JR内房線 特急さざなみ
岩井駅
道程
所要時間:約1時間40分

 
岩井駅よりタクシーで約10分
高速バス
高速バスでのアクセス
東京駅
高速バス 房総なのはな号
富楽里とみやま
道程
所要時間:約1時間30分

 
富楽里とみやまより車で10分
詳細案内
駐車場
ちょっと一言
 近くには「南総里見八犬伝」の舞台で八房が狸に育てられたという春日神社もあります。
マイプランに追加