いいとこどりニュースイベント観光施設地図交通ライブカメラフォトバンク南房総辞典知恵袋ショッピング掲示板
トップ > 目的で探す > 団体 > 富浦エコミューゼ研究会 >

富浦エコミューゼ研究会

エリア > 富浦

ニュース・お知らせ
クリックで写真拡大
何ができるのかな。みんな真剣です

8月土曜学校・原岡海岸・貝殻アートに挑戦

2017年8月31日
8月の土曜学校は、関東の富士見百景の一つ富浦・原岡海岸でビーチコーミング。そして拾った貝がらで小物入れの創作をしました。
久しぶりに海岸にでる子ども達。いつもビーチコーミングは道草気分です。
原岡海岸は貝の種類が多い海岸と言われています。子ども達はお気に入りの貝がらを探して波打ち際を歩きます。大小様々なタカラガイは貝がら拾いのメインです。ツメタガイは二枚貝に穴をあけて食べてしまいますが、貝がらを見ると丸くてかわいい貝です。名前のとおり内側が紫色のウチムラサキガイ。そしてピンク色がとてもきれいなサクラガイ。シーグラスを見つける子たちもいます。ついつい夢中になってしまい時間を忘れてしまいそうです。
拾った貝がらを持って原岡公会堂へ。この日はペットボトルと紙粘土、そして貝がらを使い、自分だけの小物入れづくりに挑戦しました。
紙粘土をペットボトルに巻き付けて、自分の創りたい形をイメージします。思い思いの貝がらを手に取り貼り付けていく子ども達。みんな真剣な顔つきですが、とても楽しそうに創作しています。
完成した作品を一人一人発表します。鳥や花をイメージしたこと、角のように見せたかったこと、紙粘土を伸ばすことや形を整えることに苦労したこと、自分だけの貝がらアートに思いを込めて創ることができました。