前へ前のコース 

伊予ヶ岳ハイキングコース

千葉県内、房総丘陵では唯一山名に「岳」がつく伊予ヶ岳。峻立した岩峰が頂上付近にそびえます。
標高336メートルの山のハイク整備された山の途中に、ロープや鎖をつたって歩くポイントもあり、「山登り」気分満点。
山頂には、ベンチとテーブルが設置してあり、360度の大パノラマが広がっています。
【注意点】
伊予ヶ岳の途中にある四阿までが、ハイキングコースとなっております。そこから先は、看板に記載のとおり「ハイキングコースではありません。大変危険ですのでご注意下さい。」お願いします。
2019年9月21日
台風15号による倒木などの影響により現在通行止めとなっています。
復旧までしばらくお待ちください。
移動手段
ハイキング
季節
通年
地域
富山

ハイキングコースのPDFはこちらからダウンロードできます(トイレや駐車場の場所も載ってます)

 青色の地点は、途中のおすすめポイントやランドマークです。

1.出発:岩井駅

駅前に観光案内所がありますので、情報をチェック!
0.5km 6分

1.観光案内所

スライドショウ

2.大蘇鉄

高さ7.5メートルの大きな蘇鉄。千葉県の天然記念物。1180年の「石橋山の戦い」に敗れた源頼朝が安房の地に落ちのびたとき、この蘇鉄の偉容を称えた、という伝説が残っています。
詳細ページはこちら
0.4km 5分

3.福聚院(ふくじゅいん)

江戸時代に作られた山門が当時のまま現存している名刹。また今ではたいへん珍しい、藩主が来寺した際に駕籠を置いた「駕籠置台がある。
2.5km 30分

2.中学校

スライドショウ

4.伏姫籠穴(ふせひめろうけつ)

八犬伝で伏姫が八房と暮らしたとされる洞窟。
命を絶った伏姫がここに眠ると言われます。
詳細ページはこちら
登山 45分
スライドショウ

3.山門

富山の玄関口・山門。凛とした森の空気に包まれ、物語で八房が伏姫を背負って歩いた階段が目前に。
スライドショウ

5.富山山頂

「南総里見八犬伝」の始まりとなった富山。
富山(とみさん)は、房総丘陵の山の一つである。2つの峰からなる双耳峰で、標高は北峰(金毘羅峰)が349.5m、南峰(観音峰)342.0m。
展望台からは東京湾を一望できます。天気がよければ雄大な富士山が姿を見せることも。
スライドショウ
 富山山頂からの眺め
詳細ページはこちら
スライドショウ

 伊予ヶ岳

詳細ページはこちら

《富山・伊予ヶ岳縦走コース》天神社→伊予ヶ岳頂上
より本格的に山歩きを楽しみたい場合は、富山・伊予ヶ岳を縦走するコースもあります。
地図濃い青線(富山から伊予ヶ岳までの線)
天神社(登山口)→伊予ヶ岳→富山→伏姫籠穴→岩井駅
<徒歩時間約4時間30分>

マル得情報

もっと楽しみたい方のために、周辺スポットや、おすすめ情報をご紹介。
スライドショウ

5.チョット足をのばして...水仙遊歩道へ

★おすすめ時期:1月中旬〜2月下旬に見頃を向かえます。
白く可憐な日本水仙が咲きほこる山あいの遊歩道。
小高い山をぐるりと一周すると約1時間程度
詳細ページはこちら

6.水仙遊歩道の展望所

スライドショウ

7.道の駅・富楽里とみやま

富山地区の新鮮な海の幸、山の幸がズラリと揃う道の駅。
地元の方と観光で訪れた方の情報や交流の拠点としても機能しています。
詳細ページはこちら
前へ前のコース