グローバルメニュー

南房総の魅力

  1. トップ >
  2. ニュース一覧 >
  3. いいとこどりニュース一覧 >
いいとこどりニュース RSS  提供RSS一覧
2009年8月31日
 食の新プロジェクト始動!
奥田シェフに新感覚の「なめろう・さんが焼き」の作り方を提案・実演していただく
奥田シェフに新感覚の「なめろう・さんが焼き」の作り方を提案・実演していただく

 南房総市観光プロモーション協議会(飯田彰一会長)では、新たな集客スタイルを地域ぐるみで構築しようする取組みの一環で、房州を代表する漁師料理「なめろう」「さんが焼き」をメインにした「南房総の食を皿までなめろう」プロジェクトをスタートさせます。
 
 このプロジェクトの一環で、洋食料理に様変わりする「なめろう・さんが」の料理研修会やグルメブロガーによる南房総モニターツアー、(仮称)南房総なめろう研究会の発足、食の総合パンフレット作成などを手掛けていきます。

 このプロジェクトは、平成19年度から取り組んでいる経済産業省の「広域・総合観光集客サービス支援事業」を活用し、地域ぐるみで宿泊客を増やす仕組みづくりにより、「地産地消」や「農商工連携」を実現し、地域経済の活性化を図ろうとする一環で実施しようとするもので、内房商工会や朝夷商工会、当協議会などが準備を進めてきたものです。

 このプロジェクトの第一弾として、9月8日(火)に「房州の食文化の魅力再発見」研修会を開催します。
 これは、房州に伝わる代表的な漁師料理「なめろう・さんが焼き」ですが、手間がかかる、調理できないといった理由で南房総の家庭の食卓から徐々に消えようとしています。
 そこで、飲食店や宿泊事業者向けに洋食料理に様変わりする新たな漁師料理の研修会を企画し、新感覚の食事メニューで新たな集客を図ろうと開催するものです。

 講師は、山形県庄内地方で「奇蹟のテーブル」を演出すると謳われ、この春、東京銀座にある山形県のアンテナショップに「ヤマガタサンダンデロ」をオープンさせ、大きな話題になっているイタリアンレストラン「アル・ケッチャーノ」のオーナーシェフ奥田正行氏に依頼。イタリアンになった新感覚の「なめろう・さんが焼き」の作り方を提案・実演していただき、素材の魅力を引き出す「技」を伝授していただこうと思います。
 また、奥田氏は地産地消の取り組みも積極的に展開し、「食の都庄内」の具現化に向けて力を注いでいます。地域活性化の鍵は、「地産地消の推進で地元の飲食店から」という話題にも触れていただき、食によるまちづくりの秘訣についても伺います。

 ご興味のある方は、直接会場まで足をお運びください。入場無料です。お問合せは、南房総市観光プロモーション協議会事務局(電話0470-33-1091)へ。

<房州の食文化の魅力再発見研修会>
・日 時:2009年9月8日(火)14:00開場 14:30スタート
・場 所:高家神社・保健福祉センター(南房総市千倉町)
・参加費:無料
・当日スケジュール
14:00 開場
14:30 開会
14:40 奥田シェフによる実演「南房総の食文化を料理する!」
奥田シェフが素材に語りかけ、素材を活かし、独自の技術で作った房州漁師料理を試食します。
16:00 テーマトーク「素材の魅力と食文化を引き出す秘訣」

<奥田シェフによる研修会のポイント>
@食材を知り、食材の持つ物語を自分の中に取り込むことが、美味しさを作る秘訣
A素材に語りかけ、独自の料理を生み出す奥田シェフの料理に触れ、房州食文化の魅力を再発見!
B奥田シェフの料理を通じて、南房総の食文化を活かす工夫の楽しさや意義を実感
Cお客様の感動を引き出す秘訣を体験!
D「食の都庄内」を具現化できたストーリーを聞く
Eわざわざ奥田シェフの料理を食べに来る奥田流のおもてなしとは・・・
F地域活性化の鍵は、「地産地消の推進は地元の飲食店から」

<イタリアンレストラン「アル・ケッチャーノ」オーナーシェフ奥田政行氏プロフィール>
昭和44年(1969)、鶴岡市生まれ。山形県境新潟県育ち。鶴商学園高等学校(現鶴岡東高等学校)卒業後、東京の有名店でイタリア料理、フランス料理、フランス菓子、イタリアンジェラートの修行をし、26歳で帰郷。鶴岡ワシントンホテル、農家レストラン「穂波街道」で料理長を経験した後、平成12年 (2000)、鶴岡市にイタリア料理店「アル・ケッチャーノ」をオープン。オーナーシェフとして現在に至る。平成16年より山形県庄内総合支庁「食の都庄内」親善大使を委嘱。イタリア、ハンガリー、アメリカなど海外での活動にも高い評価を得ている。平成18年3月にイタリアのアルチェヴィアより表彰を受ける。スローフード協会イタリア本部主催の「テッラ・マードレ2006」では世界の料理人1000人(日本からは11人)に選出される。
2009年4月に銀座に「ヤマガタサンダンデロ」をオープン。
TBSの「情熱大陸」をはじめ、日経MJの一面を飾るなど、多くのマスコミに取り上げられている。


 

 【投稿者 南房総市観光プロモ協議会】
いいとこどりニュース RSS  提供RSS一覧
前後の記事 > 一覧

グローバルメニュー

南房総の魅力