白浜トップ>観光スポット>野島埼灯台
野島岬灯台 | 雄大な海岸線 | 早春の花畑 | 歴史にふれて
白く輝く灯台を目指して。
房総半島を一路、南へと向かうと。その終着点が、潮風香る海辺のまち白浜。陽光は飛び散るようにきらめき、すべての風景をくっきりと映し出しています。都会よりちょっとだけ、太陽が近づいたような気がする―そんな気分にさせる南のまちです。
灯台の光源であるレンズの直径は2メートル68ミリ。人の背丈以上の大きさで、間近にみるとどこかユーモラスな雰囲気が感じられます。
高さ24メートルの灯台のなかは、螺旋状の階段で、誰でも展望台に上ることができます。
灯台のまわりはグルリ太平洋。
展望台からの眺望に、地球はやっぱり丸いと実感!?
野島埼灯台を中心とした公園は格好の散策コース。潮風に吹かれながら、岬の公園をひとまわり。約20分のコースです。
野島埼灯台資料展示室「きらりん館」 若い海女の像
灯台の歴史や航路標識業務を紹介。中央にはガラス工芸品を思わせるフランス製フレネル式レンズが展示されています。
TEL.0470-38-3231
公園内他2ヶ所に立つブロンズの<若い海女の像>。白浜は海女のまちとして有名。
灯台
房総半島最南端の碑 ライブカメラ
白浜町出身の彫刻家、太田雅典氏による巨大アート<房総半島最南端の碑>。素材となった黒御影石の重さは28トンというから驚き。 海上保安庁提供によるライブカメラ。現在の野島埼灯台周辺の映像を表示します。
 
歓迎塔  
白浜への道しるべ<歓迎塔>。この塔に出会えば、もう白浜。  
▲ページの先頭へ